EVERGREEN HOME | 株式会社エバーグリーンホーム

お問い合わせ

ever Monthly News -最新ニュース-

【ever Monthly News】イベントのご報告、各種最新施工例のご紹介などエバーの1ヵ月をご報告 | 毎月15日に更新

2017年9月15日

「最新施工例」をアップしました

今回は新築3邸をご紹介いたします。

【新築】茅ヶ崎市 N邸
奥まった土地に生まれた、細部にセンスが満ちる家。
【新築】茅ヶ崎市 A邸
暮らしの負担軽減をアイデアで突破する。
【新築】茅ヶ崎市 U邸
住まう方が創意工夫し、進化していく家に。

詳細は、「最新施工例」のページをご覧ください。

  • 写真:【新築】茅ヶ崎市 N邸
  • 写真:【新築】茅ヶ崎市 N邸
  • 写真:【新築】茅ヶ崎市 A邸
  • 写真:【新築】茅ヶ崎市 A邸
  • 写真:【新築】茅ヶ崎市 U邸
  • 写真:【新築】茅ヶ崎市 U邸

Page Top

今月の猪狩裕一のコラム 「Monthly Column -エバーグリーンホーム 代表の声-」より

ただ知りたいだけなのです。

有名なジャズミュージシャンが、コンサートで自分勝手な暴走をしたドラム奏者の男子中学生に往復ビンタをした問題が取り沙汰されていました。

マスコミやワイドショーは一部の人を除いて一様に「体罰はいけない」「ともかく手を出してはダメですね」と言っていました。再三の注意に背いたドラマーに対するジャズミュージシャンの心情は理解しつつも、言っていることは「何はともあれ体罰はダメ」でした。

そんな中でダウンタウンの松本氏が面白いことを言っていました。「我々くらいの世代の人は体罰を受けたけど、今の時代はそんなことはあり得ない、とよく言います。でも、なぜ今の時代にはあり得ないのかという、明確な理由を誰も言ってくれない。なぜ今はダメで、昔はよかったのか?その明確な理由がわからない。」確かに私たちの時代はよく先生にひっぱたかれました。体罰はいけないかいけなくないかは別として、指導の一環としてさほど問題視されませんでした。「体罰を受けて育った僕らは、別にいま変な大人になってないし、屈折していない。何なら今の若者よりも常識がある気がする。どうも納得がいかない。」変な大人にはなっていないのだから体罰はわるくない、という論理は成り立ちませんが、私が同感したのは「体罰がなぜいけないのか、明確な理由を今まで誰も言っていない」という点です。勘違いしないでいただきたいのは、私は別に体罰擁護派ではありません。ただ知りたいだけなんです、体罰がなぜいけないのか、を。

それは、ただのわがままな感情や直情で手を出すようなこともあって、それとの線引きができないから猫も杓子も「体罰はいけない」と括ってしまっているのかもしれません。でも、それでは体罰がいけないことの答えにはなっていません。仮に私が、我が子が聞きわけない戒めとして手を出したとします。その行為は、自分の感情だけのことなのか、それとも子供の将来を見据えてのしつけとしての行為なのか、第三者は判断ができません。判断がつかないから、とにもかくにも「手を出したら全部ダメ」にしてしまっているのかもしれません。

ただ、それは物事の善し悪しを先送りしているだけです。子供の非理知的な行為をその瞬間に見過ごしてしまったり、心に響かない説教で終わらせたとしたら、理解力に限界がある子供の心に、本当に伝えたいことはどこまで響くのだろう?とも思います。大切なのは、その教えが将来へのものへと続いていくことで、それができているのかどうかが肝心です。今、その子がわかることなく、心境に変わりがなかったら、将来、その子にはもっと手痛いしっぺ返しが来るでしょう。それはもはや親や先生からのものでなく、社会からの痛烈なしっぺ返しです。平気で他人を傷つけるかもしれません。だから心を鬼にする、そしてもちろん加減をする。ひっぱたくことが目的ではないから。いつも自分を守ってくれる人が、こんなにも怒っている、どうして?…そういう風に心に響いて欲しいからです。刹那な気持ちで、最も憎まれたくない相手に選択した苦渋の手段です。なのに、もしもそれを見ていた第三者がいて「キミキミどんなことがあろうと体罰はいけないよ」なんて言って来たとしたら、やっぱりその大人はダメなんでしょうか?そういう親は先生は、やっぱり「何はともあれとにかくダメ」なんでしょうか?

途中から読まれた方のためにもう一度言います。私は別に体罰擁護派ではありません。ただ知りたいだけなんです、体罰がなぜいけないのか、の明確な理由を。

  • 【新築】
  • 写真:今月の施行例/【新築】茅ヶ崎市 

Page Top

お客様に伝える工夫

サーフィンを愛するお施主様に向けたマンションのリフォーム計画

担当スタッフ

担当スタッフ
素材とその質感をくまなくイメージし、このようにディテールを網羅したラフスケッチからご提案していくことから進めています。

プレゼン段階での資料につき施工例としては紹介しておりません。

エバーでは、ご提案する空間をよりわかりやすくイメージしていただくために、よく打合せの折にCGや手描きによるパース図やイメージスケッチを用意しています。
そのことで、見慣れない平面図ではなかなか想像できなかったことがよく見えてきます。
お客様の心配を解消するための、日々の工夫のいくつかをご紹介してまいります。
20ケース以上あるうちの、今月はcase1からcase4までをご紹介します。

和室/床の間を、パースやサンプルを併用しながら伝えていく

  • 左:和室全体の空間パース
  • 右:床の間のディテールパース

スタッフS

スタッフS
A邸はリフォームの物件。まずは和室の施工例などの写真をお見せして、お好きな雰囲気をしぼりこんでいきました。
床の間の新設をご希望でしたので、何パターンか床の間だけのパースをお見せしました。
床の間のイメージが決まったところで、和室全体のイメージをつかんでいただくために全体のパースを作成しました。
畳や天井の羽目板、建具の枠などのお色味で迷われていたので、実際には提出したパースに何種類かのパターンで色を付けてお見せしています。
サンプルなどと併せてパースをお見せすることで、よりイメージし易いよう心がけました。

参考ページ:【施工例】逗子市 A邸 ※ただし撮影時の完成度合いの都合で和室部分は掲載されておりません

不特定多数のお客様に伝えるために小物などを交えて

  • 左:階段下収納部の万人にわかりやすい収納イメージ
  • 右:階段下収納部の万人にわかりやすい収納イメージ

スタッフS

スタッフS
エバーのグループ会社による分譲住宅で、3区画ある敷地のモデルハウス的な建物を建築しました。
階段下に収納をつくってほしいというリクエストがあり、作成した展開図のほかに、 不特定多数のお客様によりわかりやすくなるようパースを作成しました。
実際使用した時の雰囲気が想像できるよう、小物なども描いてみました。

参考ページ:【施工例】茅ヶ崎市 A邸

施工上重要なディテール部分までをも忠実に再現した万人向けのプレゼンツール

担当スタッフ

担当スタッフ
分譲住宅の販売用として、より多くの方にご理解いただくためのものとして作成した、CGによるパースです。
外部階段や防水の納まりなど図面だけでは分かりづらい部分が立体的に把握でき、また現場監督や大工さんと共有することで工事がスムーズに流れるツールとしても利用しました。

参考ページ:【施工例】茅ヶ崎市 A邸

イメージCGと実物サンプルを併用してイメージを明確に伝える

担当スタッフ

担当スタッフ
外構と植栽にもこだわりのあるお客様のために、建物全体と外構および植栽の関連性が分かる外観のイメージを作成。
素材を使い分ける部分や大まかな色彩計画をビジュアルで表現し、素材のサンプルと見比べらながら説明することでご納得いただきました。

参考ページ:【施工例】茅ヶ崎市 O邸

Page Top

「お客様の声」最新記事をアップしました

「お客様の声」最新記事を1件、アップいたしました。

都内で広告制作会社を経営なさるご主人。かつてはインテリア関係のお仕事に携わり、今は時おりご主人のアシストもなさるという奥様。共にクリエイティブな経歴をお持ちのご夫婦。

エバーグリーンホーム お客様の声
トップページはこちら
  • 写真:2015年2月完成 葉山町 K邸/ Kご夫妻

Page Top

ル・ニコ・ア・オーミナミに「“新”大南庵」オープン

ル・ニコ・ア・オーミナミ敷地内にある日本家屋「大南庵」が、

  • 酵素風呂
  • エステ
  • ヘッドスパ
  • よもぎ蒸し
  • ...etc.

が利用できる、心と体のビューティ・スペースとして
生まれ変わりました。

「大南庵」は女性専用のサロンです。
自然発酵の熱で体を芯から温め、代謝力と自然の美しさを引き出す酵素風呂を、ぜひこの機会にお試しください。

  • 築100年の「大南庵」を改修。女性専用サロンとなりました。

Page Top

弊社までお知らせください

お施主様各位
関係者様各位

弊社エバーグリーンホームを日頃からご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

さて、弊社では常日頃から業務の細部に気を配っておりますが、それでも至らぬ点につきましては、随時ご指摘を頂戴しながら、積極的に業務の改善に努めております。

ついては、

  • これまでで弊社で家づくりをお世話させていただいたお施主様。
  • 現在弊社にて家づくりが進められているお施主様。
  • 現在弊社をご検討されている皆様。
  • これまでの施工現場の近隣住民の皆様。

もしも至らぬ点等ございましたら、弊社までご一報ください。
こちらまでご報告をお願いいたします。
info@ever-chigasaki.com

今後とも、至らぬ点はしっかりと改善し、 皆様のご期待に沿いたいと考えております。

今後ともエバーグリーンホームを よろしくお願い申し上げます。

Page Top

エバーグリーンホームへのお問合せ・資料請求

  • 【お電話の場合】0120-681-375 / 受付時間 9:00〜18:00 ※水曜日を除く
  • 【メールの場合】メールフォームよりお願いいたします (Mail Form)