NEWS

エバーからのお知らせや最新ニュースなど

最新施工例をアップしました

2022.04.19

お手持ち品のキーカラーである黒が際立つように。

藤沢市 Y邸

既存の地下駐車場の上に、木造の二階建て住宅を増築する計画です。地下躯体と構造的には縁を切り、垂直荷重のみ負担させる構造計画としました。
邸は、東側の既存樹木を生かしながらも、西側に庭のスペースを確保することとしました。LDKは東西を通り抜けています。プライバシーの高い1階レベルと遠景に富士山が望める2階レベルを、吹き抜けと中2階で緩やかにつないでいます。
最初のお打合せからストレートにご要望や趣向をお話しいただき、早い段階で内装の方向性を確認することができ、その芯からブレないようにしつつ自由に提案していきました。
お手持ちの家具や家電は黒が多いので、既存RCとの相性も加味し、モノトーン系でラフな素材感を活かした材料を選んでいます。貼り方やカットの方法、組合せなどで変化を楽しんでいただけるようにしています。
緩やかなステップで何層にも繋がる1階の床は、モルタル~モルタル調大判タイル~オークのフローリング~北海道楢フロアを使用。LDKの天井羽目板も同素材の無塗装品を使いました。
キッチンはキッチンハウスのフォルテへドンとオニキスグレーの組合せ。手摺のスチールとダウンライト照明の黒が空間を引き締めています。
吹抜け部分の上下大開口部分は、カーテンボックスの納まりがかなりの難易度でしたが、現場と何度も打ち合わせを重ね進めていきました。
もう一つの高難易度の納まりである地階RCと上部の木造との接合部(階段の壁面)には、スチールの本棚を兼ねたカバーを提案。取り外し可能な構造と接合に精力を傾けました。
地階の仕上がりも、既存のRCを生かしつつ、モルタルとフレキシブルボードを使用しています。暗い印象の地階のアクセントとして、RCの仕切壁をふかして羽目板を貼り、スチールで間接照明ニッチを製作しています。

藤沢市 Y邸

くわしくはこちら>>>

>> ever green home / contact