エバーグリーンホームの最新施工例

エバーの家づくり、その魅力全てを終結させた家「VILLAエバー」

エバーの家づくり、その魅力全てを終結させた家「VILLAエバー」

POINT

エバーグリーンホーム モデルルーム、通称「VILLAエバー」。

VILLAエバーは、エバーグリーンホームの家づくりの魅力を広く知ってもらうために、立地から環境面まであらゆることにこだわって建てられました。

ただ贅をつくせばよいという考え方ではなく、快適な暮らしとは何か、未来の家とはどうあるべきか、そんなことを考えながら、手間を惜しまず愛情をこめてこつこつとつくり上げていった邸です。


完成:2009年9月(同月に完成内覧会を開催しました) 現在はお施主様が住まわれていますが、ご好意により完全予約制にてご覧いただくことができます。
くわしくはエバーグリーンホーム営業部までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0120-68-1375


■立地

旗竿地素晴らしさが体験できます

ちょうど旗竿の形のように、一般道から細い私道を抜けて家屋がある土地。 旗竿土地は、表通りに隣接して家を建てる土地とは違い、様々な魅力があります。

etc.


■コンセプト

「和」を基調とした趣

「VILLA」と呼ぶように、ここには別荘のような心地よさがあります。
そしてあたかも雅な高級旅館に訪れた時のような、贅沢、安堵、開放感・・・そういったマインドを創造しました。

母屋と離れの関係をひとつの家につくる

「庭を囲むようにコの字型を描く家は、ひとつながりでありながらまるで異なる居住空間を内包しているつくりです。
それをつなぐのが大胆な吹き抜けの玄関で、そこには小さな橋を渡るかのような数段の段差があり、その下は庭へと伸びる通路です。古都の風情ある宿のつくりを彷彿させます。

不要な所に不要なゆとりを設けない割り切り

「エントランスの迫力ある天井高に比較し2階個室はあえて低い天井高に設定しています。
旧来の日本家屋がそうであったように、空間も無駄を作らない。それにより個室はどこか懐かしいこじんまりとした安堵を生みます。

繊細なディティール

リビングのガラス引き戸の合わせ目。屋内から眺める窓越しの庭の風情。床材の貼り方だけで空間を分ける技。高さと広がりのある玄関・・・
手塩にかけてつくり上げた、その感覚がきっとおわかりいただけるはずです。


■快適性

24時間セントラル換気システム「デライト」

窓を閉め切った状態でも快適な室内環境に必要な、2時間に1回の家全体の空気の入れ換えを可能にする高機能システムを導入しています。 換気ルートを計算し、家具の裏や納戸に湿気がこもるのをおさえ、家全体にカビや結露がおきにくくなります。

さらに大きなメリットとして、基礎内部の換気を併せて行っているため床下の風通しを活発にできます。 冬は温かく夏は涼しい地熱を利用するのでエネルギーの節約となりエコに貢献します。


■環境への配慮

発電所のある家~県内初の「エネファーム」導入

「エネファーム」とは、家庭用燃料電池コージェネレーションシステムの愛称。 都市ガスやLPガス、灯油などから燃料となる水素を取り出し、空気中の酸素と反応させて発電するシステムで、発電時の排熱を給湯に利用できます。。

VILLAエバーの「エネファーム」

エネルギー消費シミュレーションを実際に行ってみました。同じく環境負荷の低いエコキュート(自然冷媒ヒートポンプ給湯器)との比較です。

ランニングコスト
(エコキュート=100とした場合)エネファーム=76
一次エネルギー(電気・ガスなど)消費量
(エコキュート=100とした場合)エネファーム=67
Co2排出量
(エコキュート=100とした場合)エネファーム=54

環境にやさしい遮断・断熱材

医療にも用いられる安全な遮熱材、エンデバーハウス社の住宅用ポリエステル素材「パーフェクトバリア」。
また、パルプ含有量の多い新聞古紙を主材とし高度な技術で吹き付ける、全米最高水準のセルロース断熱材は、防火、防音、結露防止にも優れた健康建材でもあります。

詳しくはエバーグリーンホームの家づくり「標準仕様」へ

>> ever green home / contact