家づくりの基本構造

横にならえではなく、自ら納得の上つくり出したスペック。
エバーが経験と実績にもとづいて導いた基本構造です。

標準仕様

基礎

ベタ基礎を
標準仕様としています
ベタ基礎を標準仕様としています
地盤調査によりその土地の地耐力が算出されます。
基礎の計画はその数値をもとに、布基礎がふさわしいのか、ベタ基礎が必要であるのか、あるいはしっかりと支えられる強い地盤まで杭を打つ地盤補強が必要なのか、そういったことが判断されます。
エバーグリーンホームでは、ベタ基礎を標準仕様とし必要に応じて地盤補強を行います。
建築基準法で
定められた数値を上回る、
エバーの基礎標準仕様
建築基準法で定められた数値を上回る、エバーの基礎標準仕様
基礎は、建物の荷重を支え万一の地震の際もその力を安全に地盤に伝えられる仕様が必要です。
その為、充分に余裕をもった数値を設定する事が重要だと考えています。
建築基準法とエバー標準仕様の数値比較
建築基準法標準仕様
エバーグリーンホーム標準仕様

ever Standard Spec

エバーグリーンホームでは、基礎の形状と配筋において 建築基準法で定められた基準を上回る値を標準仕様としています。

エバーグリーンホームの標準仕様は以下の通りです。

  • 鉄筋はD13を使用。(一部D10の箇所有り)
  • 立ち上がりはGL+400mm
  • 立ち上がりおよび底盤厚さは150mm

工法

在来軸組工法を
標準仕様としています
在来軸組工法を標準仕様としています

エバーグリーンホームでは在来軸組工法をベースとし、さらに構造の安定のため耐力壁を用いています。在来工法+面構造を標準仕様としています。

面構造部材において、壁面(耐力壁)にはハイベストウッド、床面には24ミリ構造用合板を使用しております。

従来の在来軸組法とエバー標準仕様の数値比較
在来軸組工法
エバーグリーンホーム標準仕様
外壁通気工法を
標準仕様としています
外壁通気工法を標準仕様としています

木造住宅の外壁の中は、室内からの湿気が入り込み 壁体内結露を起こす場合があります。その結果壁内の木材が腐って建物の耐久性を低下させたり、カビが発生し室内環境そのものも不衛生な状態となってしまいます。
このような壁体内結露を抑制するのが「外壁通気工法」です。

「外壁通気工法」は透湿防水シートという材料で壁を覆い外壁材との間に外気が流れる層をつくることによって、壁内の湿気を外部に放出する工法です。
この工法により壁体内結露が軽減され建物の耐久性が向上します。

従来の在来軸組法とエバー標準仕様の数値比較
左:外壁通気工法
右:エバーグリーンホーム標準仕様(棟換気)

ever Standard Spec

エバーグリーンホームの標準仕様は以下の通りです。
「在来軸組工法」を標準基準としています。
「外壁通気工法」の一環としてさらに「棟換気」を採用しています。
屋根にも通気層を設け屋根部分の内部結露も同時に防ぐ工法です。

断熱

省エネルギー
対策等級4対応の
断熱仕様を標準とします
省エネルギー対策等級4対応の断熱仕様を標準とします

エバーグリーンホームでは、材料の80%にリサイクルガラスを使用している、旭ファイバーグラス社のアクリアを断熱材に使用しています。
このアクリアは、優れた断熱性能に加え、シックハウス症候群の原因のひとつとされているホルムアルデヒドを含まない材料でできています。
上記に限らず、ご要望に応じて他の断熱材にも対応いたします。

建築基準法で
定められた数値を上回る、
エバーの基礎標準仕様
建築基準法で定められた数値を上回る、エバーの基礎標準仕様

基礎は、建物の荷重を支え万一の地震の際もその力を安全に地盤に伝えられる仕様が必要です。
その為、充分に余裕をもった数値を設定する事が重要だと考えています。

省エネルギー対策等級4対応の断熱仕様

ever Standard Spec

エバーグリーンホームの標準仕様は以下の通りです。
エコな素材で省エネ効率の高い断熱材アクリアを標準基準としています。
優れた断熱性能だけでなく、住む人の健康を考えてホルムアルデヒドを含まない製品を採用しています。

石膏ボードジョイント

鋼の強さで
クロスのひび割れを
強固の予防に
石膏ボードジョイントを
使用しています
鋼の強さでクロスのひび割れを強固の予防に石膏ボードジョイントを使用しています

エバーグリーンホームでは、いつまでも新築時の家の美しさを保ってほしいという思いから、
見えないところまで徹底していい家をめざし、こだわっています。
その一つの施策として行っているのが石膏ボードジョイントの施工です。
石膏ボードジョイントは鋼板でできており、石膏ボードジョイントの目地部に働くせん断力から、鋼の強さでクロスのひび割れを強固に予防します。
長年の経験とノウハウから、必要と見極められた箇所について採用しています。

ever Standard Spec

エバーグリーンホームでは見えないところにもこだわることで家を守ります。
壁、窓周り、天井用クロスの割れ防止に、石膏ボードジョイントが用いられています。

シロアリ対策

Joto基礎
パッキング工法を
採用しています
Joto基礎パッキング工法を採用しています

エバーグリーンホームでは、家屋をシロアリから守る新しい方法として、基礎と土台の間にキソパッキンを敷き込み隙間から床下換気を行う、城東テクノ社のJotoキソパッキング工法を採用しています。これにより、床下換気を全周で確保することができ、床下木部を湿気から守り、腐れやシロアリを寄せ付けにくい環境をつくります。
この工法は薬剤を使用しない工法であり、一部の構造を除いて採用することができます。

ever Standard Spec

エバーグリーンホームの標準仕様は以下の通りです。
床下換気を全周で確保して床下木部を湿気から守り、腐れやシロアリを寄せ付けにくい環境をつくる、Jotoキソパッキング工法を一部の構造を除き標準仕様としています。
シロアリ保証制度に同時加入されることからで、10年間・最高500万円の長期安心保証を得ることができます。

その他の仕様

遮熱

フクビ科学工業の
遮熱パネルーフ
フクビ科学工業の遮熱パネルーフ
屋根と垂木の間に設置する遮熱パネルで、90%以上の反射率をもちかつ輻射熱侵入を大幅に減少させます。
通気層空間も確保できるので、高遮熱プラス通気層の機能で快適と省エネを実現します。

耐震

リクシル(トステム)の
スーパーストロング構造体
リクシル(トステム)のスーパーストロング構造体
規定する内容の基礎設計を行い検査に合格することで、激しい揺れの地震にも強い構造をもった家をつくることができます。 また、附帯するバリュー契約を結ぶことで、かけがえのないご家族と財産を地震から守る優れた耐震補償を得ることができます。
耐震補償は10年で、別途、設計検査費用が必要となります。

耐火

省令準耐火構造
火災保険料の区分が変更されたことにともない、「省令準耐火建物」が「耐火建築物」と同等の区分になり、一般の木造建物に比べて保険料が大幅に(約50%)安くなります。
「省令準耐火建物」として認定されるための省令準耐火構造について、ご要望に応じて対応させていただいております。

木耐協加盟

「日本木造耐震補強事業者共同組合」加盟

エバーグリーンホームは木耐協に加盟しています
エバーグリーンホームは木耐協(日本木造耐震補強事業者共同組合)に加盟しています。
この団体は木造住宅の安全と安心のため技術と知識の向上に積極的な会社が、さらなる向上と顧客の皆様の信頼を高めていくために発足され、現在全国で1100社を超える会員を擁する団体です。
団体内では、膨大な耐震調査データの共有、耐震現地調査、施工研修、耐震技術認定資格者の育成などを通して、新築・リフォーム時の強固な耐震ノウハウを随時高めています。
また、顧客の皆様には充分な耐震性能をもつ補強プランと設計の提供、低価格な工事費と正確で丁寧な施工等をお約束するものです。
くわしくは、木耐協公式Webサイトをご覧ください。

>> 木耐協(日本木造耐震補強事業者共同組合)公式Webサイト
>> ever green home / contact