ゼロエネルギー住宅

住宅のエネルギー消費量をゼロ以下にめざす。
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH=ゼッチ)への取り組み。

住宅のエネルギーは、ただ使う時代から、
減らす・そしてつくる時代へ。

ZEH

エバーでは新しい時代の
新築施工に欠かせない
ゼッチを推進しています
エバーでは新しい時代の新築施工に欠かせないゼッチを推進しています

住宅の断熱性を高め、省エネ設備を使い、太陽光発電などでエネルギーを創り出すことで、1年間に消費する住宅のエネルギー消費量をゼロ以下とする、それがネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH=ゼッチ)です。
この取り組みはすでにある住宅ではなく新築時に取り入れることが理想です。

ゼッチの考え方には大きく3つの要素があります

高断熱を採用し、
エネルギーをできるだけ
必要としないこと

高性能設備を採用し、
エネルギーを
上手に使うこと

エネルギーを
使うだけでなく、
つくること

ゼッチの具体策とメリット

高断熱でエネルギーロスを防ぐ

高性能のドアや窓、断熱材を使用することで家全体の断熱性を高めます。そうすることで冬はあたたかく夏はすずしい一年中快適な室内温度を実現します。

省エネ設備

高性能のドアや窓、断熱材を使用することで家全体の断熱性を高めます。そうすることで冬はあたたかく夏はすずしい一年中快適な室内温度を実現します。

太陽光発電

太陽光発電システムを取り入れて家で電気をつくります。そうすることで光熱費を大幅に削減することができます。また昼間に発電して余った電気は電力会社に売ることができます。

断熱性を高めることで部屋間の温度差による血圧変動を防げる。

高断熱性からデータとしてぜんそくやアレルギーなどの症状が改善されたという結果が。

電気をつくることで災害の停電時に非常用電源により最低限の生活を守ることができる。

経済産業省資源エネルギー庁によると、政府は2030年までに新築住宅の平均としてゼッチの実現をめざしています。
家の快適性や経済性だけでなく、地球環境保護の意味をあわせ持つゼッチに、国をあげての早期実現が待たれています。

これからの時代の新築住宅としてあるべき姿といわれるゼッチについて、エバーではその取り組みを積極的に推進しています。新築施工時にぜひご相談ください。

>> ever green home / contact